Interview 先輩インタビュー

佐々木 真奈(2018年入社)

アクティブに働きたい人にぴったりのユニークな事務職

医療事務職で資格不要だったことも応募の決め手に

医療事務職で資格不要だったことも応募の決め手に

私は、2018年11月に26歳でクラスターメディカルに中途入社しました。

以前から医療事務に興味があって転職先を探していましたが、転職サイトなどで見つけた何件かの候補のうちクラスターメディカルに応募したのは、勤務地が保育園と自宅の両方に近いことに加え、「医療事務だけれど資格不要で未経験者もOK」だったからです。

当初は正社員を希望していましたが、子どもが小さくて残業が難しいこともあり、相談の結果、9時~18時勤務の「フルタイムのパート」として入社しました。

 

現在の仕事内容は、介護施設に配達する薬の準備や配達がメインです。施設ごとに分包の貼り付けやトレイセットなどを行い、それを配達します。また、往診があった日に処方箋がFAXされてきたらその処理も随時行います。

パートの事務職は担当施設は持ちませんが、その分いろいろな施設を扱うので幅広く状況を知るように心がけています。

入社前の不安はトライアルで軽減されました

入社前の不安はトライアルで軽減されました

医療事務をやりたいと思って応募したものの、未経験なので正直、不安も大きかったです。特に事務職がどのように薬に関わるのかが具体的にわからなかったので不安でした。

また、それまでは事務職の経験はあっても受付業務はしていなかったので、人見知りの自分に薬局の受付ができるだろうかという心配もありました。

 

でも入社前にトライアルをしたことで、いろいろな不安がずいぶん解消されたんです。

まずクラスターメディカルの事務職は、私がイメージしていた医療事務とは全く違いました。たとえば配達で慌ただしい日があるなんて想定外でしたが、私は元々車の運転が好きなこともあって配達業務には抵抗がなかったし、ずっとデスクでパソコンを見てるより外に出る方が自分には向いてるということが改めてわかりました。

 

トライアルは社内の雰囲気が体感できるのもメリットですが、クラスターメディカルの事務職はある意味特殊なので、向き不向きを見極めるためにも良い制度だと思います。

 

もうひとつの心配ごとだった薬の扱いについては、入社後、ベテラン事務さんが刻印を確認するだけで薬をしっかり判別しているのを見て、「私もこういうの全部覚えなきゃいけないの?間違ったら怖いしどうしよう」と焦ったりしましたが、実際は仕事の中で自然に身についてくることも多くて、3ヶ月くらいすると「これなら続けられそう」と自分で思えるようになりました。

産休・育休を取得後、子育てしながら働いています

産休・育休を取得後、子育てしながら働いています

パートでも条件を満たしていれば産休・育休が取得できることを知って、私も2人目の出産時に利用しました。上の子もまだ小さいので休暇が取得できたことはとてもありがたかったです。

幸い下の子も上の子と同じ保育園に入れたので、復帰後もフルタイムで働いています。

この先、働き方を大きく見直すとしたら、3年後、上の子が小学校に入る時ですね。

 

実は私が産休・育休をとった時期に、社長のところにも子どもさんが生まれたんです。社長が子育ての大変さを身をもって感じていたからこそわかってもらえたことも多くて、私にとってはラッキーでしたね(笑)

また、子どもが熱を出したと保育園から連絡が来たりすると、子どもさんがいる薬剤師の先生方が「すぐに帰って帰って!」って言ってくれたり、子持ちスタッフ同士で育児情報を交換したりもできるので、子育てしながら働きやすい職場だと感じています。

 

 

先にもお話したように、クラスターメディカルの事務職の仕事内容は多彩です。日によってスケジュールが違うし、やることも違う。丁寧さ・慎重さが必須の仕事がある反面、スピード重視の仕事もあるのでその見極めもしないといけません。

ひと言でいうと「退屈を感じるひまがない事務職」です。これが私には合っていて、とてもやり甲斐があります。

 

クラスターメディカルの事務職は、アクティブに働きたい人にぴったりだと思います。できれば年齢が同じくらいで小さなお子さんがいる方が入社してくれたらうれしいですね。応募をお待ちしています!

当サイトからの直接応募で
お祝金最大30万円支給!!
詳細は下記エントリーフォームでご確認ください!

エントリーする

職場見学

エントリー