Occupation 募集職種

クラスターメディカルで「薬剤師」として働く

クラスターメディカルで働く薬剤師は、調剤薬局窓口での処方箋対応だけにとどまらず、施設や患者様のご自宅にお伺いし、お薬の配達や説明、体調確認を行う在宅医療に力を入れております。

医師や看護師、介護スタッフやケアマネージャーさんと協力し、チーム医療を進めるため、幅広い薬の知識や様々な症例に対する対応力が身に付きます。
それぞれが「患者様を良くしたい」という想いの下、専門性を活かしチームワークを大切にして医療を提供しています。

募集要項

現在の薬剤師の募集は以下の通りとなります。
ご興味がおありの方は募集要項をご確認頂き、エントリーフォームにてご応募ください。

介護する女性

薬剤師の求人で、何を重要視しますか?

薬剤師の資格をどの会社で活かすか。求人サイトや転職サイトを見ながら、あなたはどこを重要視しているでしょうか?仕事を通じて薬剤師としてのスキルアップにつながるか。高い年収が得られるか。休日や育児休暇など、福利厚生が充実している職場環境であるか。叶えたい条件はあれども、どれかを妥協しないといけないと思っていませんか?

クラスターメディカルにご応募された方も、このような不安を抱えていました。

・ドラックストアでは、患者様に接する機会が少なく、転勤の可能性がある。
・病院勤務では給料面に課題がある。
・調剤薬局では単科の受付がメインの為、薬剤師としての知識が広がっていかない。

クラスターメディカルは、医師などの他職種と連携をしながら進めるやりがいのある仕事と、それに見合った高水準の給与。転勤がなく、短時間勤務や育児休暇など充実した福利厚生など、すべての条件を満たせる企業を目指しています。

海と街

往診同行における薬剤師の仕事内容

クラスターメディカルでは薬局での調剤業務に加え、有料老人ホーム等の介護施設や患者様のご自宅に訪問する、在宅業務も行なっています。

施設での在宅業務は往診同行から行っており、医師が診察している場面に立ち会う形となります。薬剤師の視点で診察に立ち会うことで併用薬、残薬、服用状況など必要な情報を医師に提供し、処方提案を行っています。
どのような理由で医師が処方したのかを実際に見ることは、医師の処方意図を理解することにつながりますので、より効果的で安全な服薬指導を患者様に行うことができます。往診同行は、単に医師から示された処方箋に対応する形とは抜本的に違うため、調剤薬局や病院での勤務では体験できないことです。

旅行する女性

高い収入を得ることが可能

責任のある薬剤師の仕事に対して、高い収入を得ることができるのがクラスターメディカル。社長自らが薬剤師ですので、どのような給与水準や職場環境だと働きやすいのかを考え、待遇面を整えてきました。
新卒は一般的な初任給よりも高水準とし、具体的には、3年目で年収600万円を目指せる賃金テーブルを導入しております。また、中途採用は前職までの経験や年収をもとに面談にて条件提示をする形としています。詳しくは募集要項をご確認ください。

集合写真

薬剤師の業務をサポートする仕組み

調剤薬局では、電子薬歴、自動錠剤分包機、自動軟膏混合機、ピッキングサポートシステム(ミスゼロ子)、服薬支援システムなどを導入。
調剤業務の機械化、IT化を進めることは、薬剤師のミス防止や負担軽減につながっています。
また在宅業務ではタブレットを活用し、患者様の薬歴管理や情報共有をスムーズに行っています。薬剤師1人1人にタブレットが付与されていますので、迅速に患者様の情報を確認することができます。このような最新の機器を使いながら業務を進めることができるのも、クラスターメディカルの魅力の一つと言えるでしょう。

医療関係者

薬剤師として働きやすい職場環境

出産や育児で現場を一度離れてしまい、ブランクがあるママさん薬剤師にもクラスターメディカルは最適な職場です。
子育て中のママ・パパが多いのが、クラスターメディカルの特徴。社長はじめ、男性社員の薬剤師も育児休暇を取得しております。

また、勤務時間を調整できるのも魅力の1つ。最初は短時間勤務から開始し、お子様が小学校に上がったらフルタイムに変更するケースもあり、個々人の事情や希望に沿った勤務体系を選ぶことができます。

薬局店舗は横浜市の3店舗、平塚市の1店舗がございます。今後も神奈川県を中心に店舗展開をしていく予定ですので、転居を伴う転勤は発生しません。

集合写真

離職率が低い理由は職場見学で確認を

一般的には、3年で30%が離職すると言われている薬剤師ですが、クラスターメディカルでは3年の離職率はわずか7%。つまり、3年定着率が93%と極めて高い結果となっています。
理由は、先に記載した高い給与水準や柔軟な勤務体系。また、スキルアップにつながる他職種連携による業務。そして、人間関係の良さです。ただし、人間関係だけは、どうしても文章では伝わりにくいので、ぜひとも職場見学にお越しください。

職場見学の内容は、往診同行と店舗見学を行います。往診同行では、老人ホームなどの施設に行き、実際に医師とどのような形でチーム医療を行なっているのかを見ていただきます。店舗見学では使用している機器類を間近で見ていただき、調剤の流れを把握していただけます。

また、現地にいる薬剤師や薬剤師をフォローしてくれる医療事務のパートナースタッフなどともお話をしてください。HPの情報だけではわからない点を解消し、安心して面談に臨めるように、まずは職場見学をお勧めします。職場見学で、お会いできる日を楽しみにしています。

当サイトからの直接応募で
お祝金最大30万円支給!!
詳細は下記エントリーフォームでご確認ください!

エントリーする

職場見学

エントリー