STAFFBLOGスタッフブログ

1000万円では足りなかった…訪問看護の開業に必要なものを話します。訪問看護開業ヒストリー第3弾

※当記事はYouTube動画の文字起こし記事となっております

動画をご覧になりたい方はこちら:https://youtu.be/ekgLSgx50S0

 

 

前回の記事:https://cluster-medical.co.jp/blog/archives/191

 

【MC】訪問看護の立ち上げで経営者が準備したことは?

【社長】ヒト・モノ・カネって言われる経営の中で、やっぱり一番意識したのは「カネ」ですかね。看護師さんを採用するのに人材紹介会社も使ったりしたので、結構コストが発生していました。また、訪問看護を立ち上げるにあたって銀行さんに融資をしてもらっていたので、毎月の返済もありました。

まぁでも一番もどかしかったのは、立ち上げることが決まったのに、なかなかオープンが決まらない(管理者が決まらないことでオープンができない)ことでしたね。ただ後から考えると、そのもどかしさをグッと堪えてでも、管理者としてドンと構えられる人がちゃんと決まってから立ち上げないと途中で頓挫しちゃうのが訪問看護だと思います。

経営者の方だったら分かると思いますが、立ち上げて最初は赤字となり会社のお金が外に流出していくので、それを補填しなくてはいけないということで、訪問看護の事業をするにあたって銀行から1,000万円の融資を受けて運営する形になりました。

その中に、採用コストや立ち上がってからのある程度の運転資金も入っていたんですけど、正直なところ訪問看護は1,000万円じゃ足りないのかなっていうのが僕の印象でした。

自分が看護師で給料ゼロにして働くってことであれば、1,000万円なくてもできるかもしれないですが。

なので、もし他に訪問看護をしたい方に僕からアドバイスするとしたら、1,000万円じゃ厳しいんじゃないかなと思います、ということですね。

 

「ヒト」・「モノ」については、訪問看護の最初の印象って看護師しかいないイメージがあったのですが、実際はリハビリ職の人達もいて、その人達もすごく大事なスタッフだということを立ち上げてから初めて知って、すごく勉強になりました。

リハビリ職が訪問看護の中で働けるってことも、僕は最初知らなかったんですよね。

うちには立ち上げの時点からリハビリのスタッフがいて、最初から看護とリハビリの両方が提供できていたので、やっぱりそこは大きなメリットで他との差別化にもなったと思うし、実際にリハビリのニーズはすごくありました。

あとは、管理者の鈴木が「24時間絶対断らない」っていうことをすごく大事にしていたので、それも良かったんじゃないかなと思います。

 

【社長】訪問看護を立ち上げるにあたって、鈴木さんはどんな準備をされましたか?

【鈴木】まず10月1日オープンだったのですが、9月の初旬頃に依頼がきてしまって(きてしまってという言い方はおかしいですが)…「9月15日に退院カンファがあるので、来てください」という連絡が入ってしまったんです。

普通オープンして最初は、ひと月に1~3人依頼が入れば良い方かなって言われているのですが、オープン前の9月の時点で依頼が入ってしまったので、正直「さぁどうしよう」となりました。

その依頼があった方の対応ができるように、緊急電話や電子カルテの準備のほか、入社が決まったスタッフ達の契約書の準備も同時にやらなきゃいけなかったので、余裕があるはずだったのに大急ぎで始まってしまいました。

本来だったら、オープン日の10月1日から準備するはずのものが前倒しになったので、書類の準備とかがとにかく大変でしたが、なんとかギリギリ間に合わせましたね。

あとは私が周りに声をかけすぎたのか、最初から12人くらいのスタッフが集まっていたので、そこを抱え上げてからというのが逆に大変だったかもしれないです。

【社長】立ち上げをゆっくりやるつもりが、幸か不幸か…。笑

初月は依頼0でもおかしくないというのを聞いていたのですが、うちがオープンするということで利用者さんをご紹介いただいたので、初月から売上げが立ったんですよね。

【鈴木】初月で結局20人くらいになってたと思います。

 

【鈴木】緊急コールも11日くらいまで担当できるスタッフが入ってこなかったので、私がずっと担当していたりで忙しくて、結局今回も立ち上げの時の書類作成や申請関係にはあまり携われなかったんですよね。

一回だけ社長が厚生局に申請に行く時に、私も一緒について行ったのですが、そこの担当の人にかなり圧力をかけられて「スタッフのメンタルをきちんと見てあげてくださいね」って言われて…当時はあまりよく分からず「えっどういうこと?」って言いながら帰ってきた記憶があります。

【社長】開設の申請も多いけど潰れるところもめちゃくちゃ多いから、管理者さんに向けてのメッセージとして、マネジメントをしっかりお願いしますねっていうご指導ご鞭撻をいただいたのかなという感じですよね。

3件に1件は潰れてしまうのが訪問看護なので、立ち上げた以上はしっかりやってくださいねっていうことですね。

 

 

―次回に続く

さぁ、あなたも一緒に

当サイトからの直接応募で
お祝金最大30万円支給!!
詳細は下記エントリーフォームでご確認ください!

エントリーする

電話する

お問い合わせ