調剤薬局×訪問看護のシナジー効果で、次世代にふさわしい在宅医療サービスを。

現在、日本は超高齢化社会を迎え、高齢者の多くが地域の身近な医療機関を受診し、在宅医療・介護を受けてらっしゃいます。
私たちが事業展開する神奈川県でも、“住み慣れた地域で自分らしい暮らし”を人生の最期まで続けられるよう「地域包括ケアシステム」の構築が求められています。

そこで当社は「地域包括ケアシステム」の一翼を担うため、2016年秋に訪問看護リハビリステーションを立ち上げました。
これは、以前から在宅医療に取り組んできた調剤薬局と訪問看護リハビリステーションを連携させることで、よりトータルな在宅医療サービスを提供できるだろうと考えたからです。 実際、薬剤師、看護師、リハビリ職、医療事務が医師など他の医療従事者、介護職、ケアマネージャーと連携し、情報を共有することで、「患者さまのために何ができるか」という選択肢が広がっているのを感じます。

私たちは国が推進する在宅医療を担う一員として、自分の持つ資格や知識を正しく地域に還元する義務があると思っています。 そのために日々スキルアップを目指し、いかにサービスを向上させて、より多くのサービスを届けられるか、企業としても努力を惜しみません。

調剤薬局も訪問看護リハビリステーションも、これからの地域にとっては安心して生活していただくためのインフラです。
患者様には地域密着だからこそできるきめ細やかなサービスを提供していきたいと考えていますので、新しい地域の健康ステーションとして気軽にご利用ください。
またこれからのクラスターメディカルを一緒に創ってくださる医療人の皆さんには、「地域の医療介護を守る取り組みに、あなたもぜひ参加してください」というメッセージを伝えたいと思います。

 
  

株式会社クラスターメディカル代表取締役薬剤師 佐藤 祐介

 
 
   

佐藤 祐介facebook

 
 
  

佐藤 祐介

 
 
PAGETOP